Mac

Snow Leopardで、NTFSフォーマットのボリュームを読み書き可能にする方法

posted by shimizu on 09.17.2010

Boot CampやParallels desktopを使って、Mac で Windows を起動している方は多いと思います。しかしインストール時に悩まされるのが、「Windows パーティションのフォーマットを、FAT32 / NTSF のどちらにするか」という点だと思います。

Mac から Windows パーティションへの書き込みが可能なのは、FAT32 だけであって、NTSFフォーマットでは、サードパーティーのソフトを使ってのみパーティションへの書き込みが可能でした。

しかしSnow Leopard (10.6.x) では、標準の機能で、これが可能になっているようです。

This is experimental, and known to be unstable, use at your own risk.

I am sure many of you heard that Snow Leopard was supposed to have native read/write for NTFS partitions. Apple supported NTFS R/W in older SL builds but I guess decided to not to go with it for some reason, however support is still present.
For this, you need to modify your /etc/fstab file to mount NTFS partitions for read and write.

First, uninstall NTFS-3G/Paragon if installed.
Open Terminal.app (/Applications/Utilities/Terminal)
Type “diskutil info /Volumes/volume_name” and copy the Volume UUID (bunch of numbers).
Backup /etc/fstab if you have it, shouldn’t be there in a default install.
Type “sudo nano /etc/fstab”.
Type in “UUID=paste_the_uuid_here none ntfs rw” or “LABEL=volume_name none ntfs rw” (if you don’t have UUID for the disk).
Repeat for other NTFS partitions.
Save the file (ctrl-x then y) and restart your system.

After reboot, NTFS partitions should natively have read and write support. This works in both 32 and 64-bit kernels. Support is quite good and fast, it even recognizes file attributes such as hidden files.

引用元
http://forums.macrumors.com/showthread.php?t=785376

翻訳文はInside of My Brainさんより

  1. まず、上記の Paragon をインストールしている場合、アンインストールする
  2. ターミナル.app を立ち上げる
  3. diskutil info /Volumes/volume_name
    とタイプして(volume_name には、Windowsパーティションの ラベル名を入れる。
    Boot Camp の場合、ディフォルトでは、BOOTCAMP である)、
    Volume UUID の値をコピーする。
  4. もし、/etc/fstab というファイルが存在するならそれをバックアップしておく。
    ※ Snow Leopard をインストールしただけの状態では、このファイルは存在しないので次の手順で作成する
  5. ターミナル.app で、
    sudo nano /etc/fstab
    と打つ。
  6. そのまま、
    UUID=
    まで打って、クリップボードの Volume UUID の値をペーストし、半角スペースの後に、
    none ntfs rw
    と打つか、もしくは (手順3 で Volume UUID が無かった場合)
    LABEL=volume_name none ntfs rw
    とタイプする。
    ※ Boot Camp の場合は、LABEL=BOOTCAMP none ntfs rwとなる。
  7. 他に、NTSFフォーマットされた Windows パーティション があれば、手順6を繰り返す。
  8. コントロール + X を叩いた後、[Saveするか?]と聞かれるので、Y を押し、[この名前 (fstab) でいいか?]と聞かれたら、⏎を叩いてセーブする。
  9. その後、再起動すると、NTFSパーティションは、普通に読み書きできる状態になる。

Editor

shimizu
サイバーエージェント広告事業部デザイナー、ディレクターを経て独立。 NINE SENSE Inc. の代表取締役兼クリエイティブディレクター。 趣味は海外ドラマ鑑賞と写真。 好きな食べ物はスープカレー。
Latest Entries
TrackBack URL