Android

情報発信アプリ「LINE@」

posted by 水上 裕美 on 03.23.2017

lINE@

今や日本人口の50%以上の人が利用しているアプリ「LINE」
スマホが普及したことにより、キャリアのメールよりも手軽な「LINE」がコミュニケーションツールとして群を抜いています。

レスのしやすさや、スタンプなど独自の仕様により、会社員から主婦、学生さんまで様々な方が利用されています。
年代も幅広く10代~50代以上までの方が利用されていて、他のSNSで見受けられるような年代別のターゲットが、あまりありません。

そんな「LINE」に法人としても個人としても多くのひとに情報発信ができるアプリ「LINE@」があります。

「LINE」は、1:1やグループといったプライベートなコミュニケーションツールに対して、
「LINE@」は、不特定多数の人へ情報発信ができるメルマガのようなものです。
少し前までは大企業様や有名人が使用しているLINEの「公式アカウント」というと初期費用800万円~で月額250万円~といったような高額な料金設定で私のような庶民に使うことは許されませんでした。
それに比べてなんとLINE@は無料でアカウントが開設できます!

ちなみに公式アカウントは公式スタンプを配信できるんですが、これまた高額な2,000万円~となっています。「公式」恐ろしい…。
スタンプ作成に関しては少し認可に時間が必要ですが、クリエイターズスタンプにしておきましょう。

さてさて、LINE@に話を戻します。
機能的にはLINE@専用ホームページが持てて、クーポンの配信やマーケティングリサーチとしてアンケート投票機能なんかもあります。
専用ホームページでは、お店や企業へのアクセスMAPや会社概要やお店紹介といったようなアカウント紹介が掲載できます。
また、ショップカードのようなポイントカードをLINE上で作成することも可能です。
さらに魅力的なのが、通販機能があるコマースが初期費用・月額無料で利用できるという点です。
ただし、これには審査が必要です。

さて、LINE@の気になる料金プランですが、

  1. 1.無料プラン
    これは料金は無料でメッセージ配信数が1,000通/月までと、
    タイムラインへの投稿が4回/月までとなっています。
    LINE@を始めるなら、最初に感覚をつかむためにこのプランがオススメです。
  2. 2.ベーシックプラン
    月額 5,400円(税込)のプランです。
    配信数は友だち全員で5,000人以内は無制限で配信可能となっています。
    ただし、ブロックされたものは除きます。
    タイムライン投稿は無制限なので、1週間に1回以上の更新が見込める場合は、こちらをオススメします。
  3. 3.プロプラン
    月額21,600円(税込)とちょっと高額なプランですが、100,000人以内であれば無制限で配信可能で、
    もちろんタイムライン投稿無制限となっています。
    また、性別や年齢、都道府県等の友だちの属性表示が可能で、
    属性別にメッセージが送れるといったネット広告のような配信が可能となっています。
    本気でマーケティングを行いたい場合や、企業向けのプランとなっています。

また、アカウントには一般アカウントと認証済みアカウントがあり、
審査を通過することで「認証済みバッチ」が与えられます。
主に実店舗をお持ちの方や、通販サイト、イベント系、ウェブサービス等のアカウントは、認証済みアカウントの対象となります。
認証済みアカウントを取得することで、LINE内にアカウント情報が表示されたり、検索結果にも効果が見込めます。より多くの方に認知してもらえるようになります。

ホームページは高額だし、更新のことを考えると…という方は、ぜひお試しください。
当社では、LINE@開設サポートも行なっておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

LINE@の登録はコチラへ。

Editor

広告Div.ディレクター/デザイナー 水上 裕美
デザイナーのミズカミです。クライアントさまの「見えない思い」を形にするのが私のお仕事です。(←師匠の受け売りです…。)今年の目標は「Twitterを始める」です。
Latest Entries
TrackBack URL